俺、物件が売れたら◯◯するんだ~
titlebirdr.gif
nearasia_2014end
No1タイ30日/No2東南アジア90日/No3アジア70日
No4アジア100日/No5ペナン40日/No6タイラオス60日
No7東南アジア160日/No8アジアヨーロッパ15ヶ国80日
No9アジア100日/No10台湾タイ30日/No11ヨーロッパ60日
No12アジア70日




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--


実家寄生なのに固定出費だけで1ヶ月約18万円の貧乏大家、固定費を公開してみた


●固定出費約18万円中12万円が借金返済。。。
 パンドラの箱の希望は、物件売却か3年で借金完済
●不動産系、クレカ系、通信系、その他、タダ(実家寄生)
 それぞれの固定費について





 固定出費約18万円中12万円が借金返済。。。
 パンドラの箱の希望は、物件売却か3年で借金完済


とある方のネタをパクッて、、、いやとある方の記事に感銘しオマージュして。。。(*_*; とにかく私の固定出費(項目としての固定であって月々定額という意味ではありません)をまとめてみました。

*年金と保険料と所得税は省略しました。


koteisyuppi.jpg


固定出費の総計約18万円中12万円が借金返済分という、全く余裕のない返済計画。。。(+_+)

ちなみに不動産収入からの割合でいうと、だいたい60%が借金返済、だいたい30%がリフォーム等通常出費も含めた諸経費、そしてこれらプライベートにおける固定出費がだいたい15%だから、この時点で赤字。。。(+_+) まあだからこそ冬場に自動車工場でバイトしたり、夏場に警備員バイトをしてたわけですけどね。。。(*_*;

こう考えると最初から無理ある資金計画っぽいけど、1年半前までは満室で今の1.5倍以上収入があって、これなら人生どうにかなるなと余裕かましてたくらいだったった、でも一寸先は闇ですなあ。。。(+_+)


パンドラの箱を開けたかのような今現在、最後に残った希望は2つ。 物件が早々に売れ数百万円手に入ること、あとはどうにか3年間持ちこたえ、借金を完済すること。

まあそもそも最初は1000万円をゆうに超える借金があったし、もう7年近くコツコツと無事に返済してきたし、それを思えばそれほど重荷でもない。 それに借金さえ無事に完済出来れば、その12万円はそっくりそのまま東南アジア生活費に充てることもできるわけで、それだけあれば私には充分。





 不動産系、クレカ系、通信系、その他、タダ(実家寄生)
 それぞれの固定費について


固定出費の話を書くはずが、私の借金返済話に外れてしまったので、ここで軌道修正。 他の項目について解説してみます。



不動産管理会社への管理費支払い、不動産の固定資産税・都市計画税、不動産の火災共済・地震共済(風水害にも対応可能な大型タイプにしておいたおかげでどれだけ助かったことか)、浄化槽の点検費、まあこれらはこれくらいかかるもんなんです。 これについては最初から計算に入っていたし、これだけで済めばどんなに助かることか。。。(*_*;

ちなみに他には、台風による屋根被害数十万円とか、保険対象外のカーポート破損とか、浄化槽の修繕費とか、TVアンテナ破損の修理費とか、物件売却の為に自ら動いてみた分の広告費に内見代行費とか、たまに物件を見に行き草刈りしたりなんだりの交通費に清掃用品費に材料費、書籍とかの勉強費、わずかながら交際費、、、それからパソコンやネット代なんかも一部は経費ですね。 あとは売買のあった時には、不動産取得税に印紙税に不動産売却益にかかる税金と、まるで借金と税金を払うために不動産投資してるかのような気がしてくるほどで。。。(+_+)



有料のクレジットカードは必須のものではありませんが、アジア旅行程度では特に海外保険に加入しない私にとっては、必須に近い感じです。

一番メインに考えていることは、今後事故等で意識ない状態にならないとも言えない、そんなときゴールドのクレジットカードさえ身につけておけば、金銭保証なくともとりあえず治療してくれるのではという期待です。 次に高額な医療費その他かかった時の為の保険で、デング熱入院や病院にかかったとき、あとスマホ破損で実際にお世話になりました。 それからおまけのプライオリティパスラウンジですね、ずいぶんお世話になっていて有難いですが、なくても困りはしない部分ですので、この扱いです。 



海外にいる時の通信費はだいぶ安いんですが、日本にいる時だけで考えるともっと安い方法あると思います。 しかし半年海外半年日本的な生活(丸1ヶ月海外にいる時はもちろん0GB使用ですが、日本にいると1ヶ月で25GBとか、極端な使い方をしてます)をするには、いつ帰国してもすぐに高速大容量のネットが使用できるこの方法がベストかと思います。



その他は見ての通り、ただカード付帯保険は何で入ったのか覚えない(自転車事故とか自賠責のためだったような、でも業務上の損害は対象外だと思うからあまり意味ないかな?)し、Yahooプレミアムはヤフオク出品の為で、やめてもよいものかどうか検討中のままずっと。。。(*_*;



あとはまあ、一般的な38歳にとって大きい支出だと思われる家賃、それから水道光熱費(NHKもか)は一切かかっていない! 実家寄生万歳という感じですね♪(*_*;

誹謗中傷ポイントだと思うので先に言っておくと、元々は私も兄弟も親に払ってました。 でもうちの親はそういったお金には一切手を付けず子供の名義で預金しておくような人で、むしろ失くしたら補填しなくちゃいけないからもういらない、親の方からそういう風に言われ今に至っています。

もしその親から、いつまでも実家に帰省してるんじゃないの!せめて食費くらい自分で払いなさい!いい年してそんなことして、それより実家に仕送りとかお小遣いとか考えないの?とか言われればその通りですが、あくまでもうちの家庭のことに過ぎませんのでで、外野であるそれ以外の他人に何言われようが基本無視しますのであしからず。。。(*_*;

まあ感謝はしていますので、なるべく理由をつけ外食(ほぼ回転寿司だけど、某妖怪とかと違ってがってんは侮れない)に行く機会を設けたりとかはしてますよー。




あと以前は、オンライン英会話とか、DVD借り放題サービスとか、海外で海外を旅しながら仕事をする方向けのコミュニティとか支出していましたが、なんか続かなかっりなんだりで辞めちゃいましたね。。。

逆に最近加入を考えているのは、スキマというマンガ読み放題サービスとか、海外でも楽しめるエンタメ系ですね。





うーん、最初の想定とは違って、他の方と共通する固定費その削減という話ではなく、私個人の弁明みたいになっちゃったなあ。。。(*_*;


 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外貧乏生活へ



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/01/24 20:48


借金数百万円の貧乏大家、2018円でコンチネンタルホテルサイゴンに泊まってみた


●バックパッカースタイルの借金数百万円貧乏大家、
 コンチネンタルホテルサイゴンに現れる!?
●コンチネンタルホテルサイゴン全体の印象と
 ルームチェンジでフロントと部屋を行ったり来たり。。。
●120ドル相当のデラックスシティビューと
 100ドル相当のスーペリア、価格差以上に違いが。。。
●ベトナムというか洋食&中華、20種超の朝食ビュッフェ
●高級ホテル2泊の貴重な経験、
 できれば今後1ヶ国1高級ホテルに泊まって。。。





 バックパッカースタイルの借金数百万円貧乏大家、
 コンチネンタルホテルサイゴンに現れる!?




こんな経緯で、まさかのコンチネンタルホテルサイゴン2泊4036円。 それも借金数百万円の貧乏大家が、バックパッカースタイル(前後にバック抱えサンダル履き)で、バス&徒歩でチェックインしにきましたよっと。

私自身まさかこんなホテルに泊まれると思っていなかったけど、HISさんもコンチネンタルホテルサイゴンさんも、まさかこいつが泊まりに来るとは思っていなかっただろうなあ。。。(+_+)





 コンチネンタルホテルサイゴン全体の印象と
 ルームチェンジでフロントと部屋を行ったり来たり。。。


コンチネンタルホテルサイゴン全体の印象としては、立地にすぐれ伝統と高級感のあるホテル。 それもギンギラギンに過度に装飾された感じでなく、落ち着いた調度品ひとつひとつが何となく歴史や高級感を感じる。

非常に個人的なイメージですが、前世紀の英国紳士が好みそうな感じ、、、自分でもなぜそう感じるのか分からないし、フランスならまだしもなぜに英国なのか。。。(*_*;

his_chs_01.jpg
左手がフロント、正面ビジネスセンタ(タダで印刷してもらった)、
右手に階段でさらに右にエレベータ、奥の部屋と中庭が朝食会場



そんな高級感のあるコンチネンタルホテルサイゴンですが、フロントの対応はちょっと。。。 英語が通じないのは私のせい、たどたどしい日本語で説明してくれたのは有難い、最初は必要と言っていた予約時のクレジットカードが無くてもOKになったのはいいところ、、、ただ2日目のルームチェンジがめんどくさかった。。。

2日目の朝食後、連泊確認をしたら部屋を移動する必要ありとのことでがっくし、、、そこは気を利かせてどうにかしてよと思ったけど、おそらく初日は空いている部屋にグレードアップしてくれてただけで2日目の部屋が本来の部屋、ということで移動せざるを得ないし、むしろ初日グレードアップしてくれてありがとうという案件、ここまではよくある話で問題ない。


部屋移動に納得し、チェックアウト時刻の12時までに荷物をまとめフロントに来ることを確認し部屋に戻る。 すると初日の部屋はすでに清掃済みで、トイレには清掃済みの紙が貼ってある、、、いやいやまだ12時までは私が使えるはずだし、今まさに○○コしたいんですけど、、、清掃済みなのを無駄にして今ここでしちゃっていいの?(+_+)

仕方なくフロントに戻りそのことを伝えると、すでに新しい部屋を使うことができるそうで、新しい部屋のカードキーをもらい、今までいた部屋に戻り荷物をまとめ、新しい部屋に入室、、、と思いきやドアが開かない。。。

仕方なく前後にバック抱えたまま、再度フロントに戻りそのことを伝える。 カードキーを使用できるようにしてもらい古いカードキーは返却、そしてここでようやく新しい部屋に入室完了。。。 文章にするとこの程度の話ですが、実際は英語が話せずやりとりするだけで四苦八苦してますから。。。(+_+)


まあ長々と書きましたが、要するに”チェックアウト前の部屋を勝手に清掃したらダメでしょ”、そこはちゃんと連携しといてよということです。





 120ドル相当のデラックスシティビューと
 100ドル相当のスーペリア、価格差以上に違いが。。。


初日は推定120ドル相当のデラックスシティビュー(ダブルベッド)で、翌日は推定100ドル相当のスーペリア(ツインベッド)と思われる。 わずかな価格差でずいぶん違うなと思ったけど、よくよく考えてみたら、普段の私の宿泊費2日分だったった。。。(*_*;

実際大きく違う点は3つ、まあ他にも壁の縁取りや電灯、棚の量、絵画、電気コントロールボックス?等、細かい違いはあるけど、それらはまあ大した違いではない。

・ドンコイ通りを眺められる明るい窓 対 廊下に面した暗い窓
・4人はゆったり座れるソファー&テーブル大 対 木製椅子2脚とテーブル小
・浴槽とは別にシャワーボックスのあるバスルーム 対 浴槽上にシャワー


【推定120ドル相当のデラックスシティビュー写真】
his_chs_02.jpg
広々とした室内にデカいベッドにソファ、そして私はぼっち。。。

his_chs_03.jpg
ベッドからの眺めもグッド、ドンコイ通りからの光が差し込む

his_chs_04.jpg
デカいソファから室内、ってか私これで寝れるわ(*_*;
(ただこのグレードなら、ここにフルーツがあって然るべきでは?)

his_chs_05.jpg
バスルームに浴槽、やはり日本人として有難い

his_chs_06.jpg
そしてそれとは別にシャワーボックス!


【推定100ドル相当のスーペリア写真】
his_chs_07.jpg
先にデラックスの部屋に泊まっちゃうとね、、、
窓が廊下にしか面してなくて部屋が暗いのが致命的で。。。

his_chs_08.jpg
バスルーム、、、うんうん広いし浴槽あるし、
元々これで十分なはずなんですが。。。(*_*;



両部屋に共通して良かった点としては、バスローブがあったこと。 機能的には別に有っても無くてもいいんですが雰囲気的にいい、私には珍しくテンション上がる、飲めやしないのにワイン片手にくるくるしたくなる。。。(*_*; あとは廊下・室内・バスルームの幅の広さと手すりの多さから、車いす利用も想定して作ってあるんだろうなあと。


逆に悪かった点は、カミソリ・ウエルカムドリンク・フルーツなどが無い(無料か有料かわからんけど、夕方くらいにフルーツのお伺いは来る)。 それからバスルームをキーロックした時に、そこにあった果物ナイフで開けてくれてそのまま果物ナイフを元に戻したこと、まあ私はそんな気にしないけど、それを平気で客前でやるんだと従業員教育的にどうかと思った。

そして一番残念なのはWIFIが微妙な点、私のパソコンからは繋がらず、スマホからは繋がったり繋がらなかったり、、、接続するとすぐ専用のログイン画面が表示されるはずが、表示されたりされなかったり。。。 結局早々に諦め、自前のSIMに切り替え、1日2GB使えるそうなので、これだけで基本困らないんだよなあ。。。


それからどう評価すればいいのかよく分からないのが、バスソルト・トイレの電話・延長コード・高い天井。

バスソルトなんて初めて見た、何に使うのか分からずググってみたら、どうやらベトナムでは入浴剤代わりに使うみたい。 あと同様に意味不明なのはトイレに電話があること、バスルームに閉じ込められたときのため?フロントやインターホンからの電話をすぐに受けられるため?トイレで具合悪くなったり緊急通報用? それから電源位置が微妙でベッド周りにはない、その代わり延長コードが用意されてるのでまあプラマイゼロかな。 最後に私が縦に2人すっぽり収まりそうな推定3.5m以上と高い天井、開放感あっていいと思いきやエアコンの危機が悪くなりそうだし、なにより何とな~く怖い。。。(*_*;、


その他共通の設備・備品としては、金庫、エアコン、テレビ、電話、ドライヤー、ランドリー袋、スリッパ、タオル、バスアメニティ、ミネラルウォーター、コーヒー&紅茶、電気ポット、果物ナイフ、、、まあ特に何ってわけでなく、このクラスのホテルなら当然用意してあるでしょって感じです。





 ベトナムというか洋食&中華、20種超の朝食ビュッフェ

his_chs_11.jpg
こんな感じでフォーと卵料理はつくりたて、
主菜・副菜・デザート合わせて約20種の料理が用意されてました

his_chs_12.jpg
その場で食べるもよし、隣の中庭で食べるもよし

his_chs_13.jpg
まずは海老トッピングのチャーハンに、、、
うーん色々色々少しずつ盛りすぎて何かわからない。。。

his_chs_14.jpg
さらにおかゆ、パスタ、シュウマイ、ハッシュドビーフ

his_chs_15.jpg
さらにオムレツに肉肉って、これ別日ですからね。。。(*_*;



具体的な品目としては、5種類くらいのパン、フォー、焼きそば、パスタ、フライドライス、トッピング多彩なおかゆ、シリアル。 さらに注文調理の卵料理、牛煮込みor鳥煮込み、ハッシュドポテトorマッシュポテト包み、サツマイモorとうもろこし、ベーコン、ソーセージ、シュウマイ、豆煮込み、野菜炒め、焼きトマト、サラダバー。 さらにさらに5種類くらいのなフルーツにヨーグルト、プチケーキ、ドリンクと、全部で20種を超える朝食ビュッフェ。 これ単体で提供するとなると、100000ドン約500円では無理でしょうね。。。

朝食ビュッフェは毎日同じメニューと思いきや、ちょっとだけ変わってました。 上記のor以外にも、焼きそばの麺の種類やおかゆのベースが海鮮か豚かと、連泊するお客さんでも飽きさせないようしてるんかな。





 高級ホテル2泊の貴重な経験、
 できれば今後1ヶ国1高級ホテルに泊まって。。。


結局コンチネンタルホテルサイゴンに2泊してみて、定価の価値があったかと考えると微妙。。。

まあ人それぞれどこに価値を見出すかなので、歴史や伝統、室内装飾や調度品に価値を見出す人には定価以上の価値があるんでしょうが、WIFI環境や電源といった利便性、ウエルカムドリンクや眺望といったバカンス感に価値を見出す人には。。。 安価ながら利便性にはこだわってるレッドプラネットホテル、それらとは正反対という感じですね。


まあでもひとつの貴重な経験。 できれば今後数か月の旅行に行くときには1泊くらいこういうところに泊まって、それぞれの国で1ケ所ずつくらいそういう経験をしたホテルを作りたいものです。 もちろんそのときは今回お世話になったHISに定価でね。(といってもオフシーズンとか値段の安い時を狙うけど。。。)





 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外貧乏生活へ



関連記事
ベトナム | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/01/21 18:51


ダラット観光は、奇妙な森クレイジーハウス&大教会@クリスマスイルミネーション


●高台にある小さいけど奇妙な森、クレイジーハウスへ
●ダラット大教会(チャントア教会)と西部の名も知らぬ教会





 高台にある小さいけど奇妙な森、クレイジーハウスへ

dalat01.jpg
ハウスというか小さな森に4軒くらい建物がある感じ

dalat02.jpg
観光エリア、宿泊エリア、そして工事中エリアが入り混じってて、
どこが意図的なクレイジーで、どこが単にルーズで危険エリアなのか?

dalat03.jpg
高所で建物と建物がつながってるけど、
手すりが低く特に雨の時はリアルに危ないです。。。(*_*;

dalat03x.jpg
内部は深海のようなクレイジー内装、、、
すいません暗すぎですね。。。(+_+)


全体的には、マリオの野外ゴーストステージというか、鬼太郎の出てきそうな森というか、富樫先生が書きそうな森というか、、、まあそんな感じです。。。(*_*;

ちょっとした高台にあって街を眺められるし、せっかくダラットに来たなら訪れてみてはという感じ。 そうそうポケストップが複数あってポケモンも結構わくので、そういう方にもおすすめですよ。

逆に宿泊施設としてはないなあ、、、もうドアの向かいまで観光客が押し寄せ、ちょいちょい窓から覗かれてそうで落ち着かない、、、もっとちゃんと観光エリア・宿泊エリア・工事中エリアと分けましょうよと言いたいです。





 ダラット大教会(チャントア教会)と西部の名も知らぬ教会

dalat04.jpg
ダラット大教会とクリスマスイルミネーション

dalat06.jpg
ダラット大教会内部、キリスト教徒じゃないけど、ちょっとお邪魔しま~す

dalat05.jpg
イルミネーションだけでいえば、名も知らぬ教会の方がグッド

ダラット大教会からチャンフード通りをずーっと西へ、クレイジーハウスへの分かれ道を過ぎ更に5分ほど西へ歩くと、こちらの教会があります。 ちなみにこの横の通りを、道沿いに北→北西と進むと、前回書いたYATAI QUÁN(見た目は本格和食、味はなんちゃって和食)が左手にあります。

dalat05x.jpg
イエスキリスト生誕、どこ行ってもこのWHYポーズ、
なんでこのポーズなのか、こっちこそWHYだよ




あとはダラット駅やダラット市ガーデン、BIGCにも少し興味あったのですが、、、雨が多いうえ当地ではuberが営業してないので、まあいいやと、、、まあ基本的に観光客でなく、外こもり志望者ですからね。。。(*_*;




 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外貧乏生活へ



関連記事
ベトナム | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/01/19 20:50


 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。